SHOOTING STAR challenge

Coming soon in 2019

What's new
  • 2017.11.7 ウェブサイトを更新しました
  • 2017.11.7 記者発表会を実施します

地球うまれの、流れ星。

私たちは、挑みたい。誰もが夜空を見上げるだけで体感できる、リアルで壮大な宇宙エンターテインメントに。世界で初めて、人類の手で流れ星をうみだすという、日本の技術陣との果てしない限界に。いつだって、とんでもないような想像と挑戦が、未来を連れてくる。2019年、すべての人が上を向く日。世界に誇る、穏やかな瀬戸内海と美しい島々を抱く、広島にて。成功すれば、地上では直径200kmという広大な範囲から明るく輝く流れ星を眺めることができます。日本発、世紀の挑戦は、もう始まっています。

How it works01

流れ星の素材となる粒を搭載した人工衛星を、宇宙空間に向けて打ち上げ。

How it works02

人工衛星に搭載した装置で、流れ星の素材となる粒を放出。

How it works03

粒が大気圏に突入。プラズマ発光しながら燃えて流れ星になります。

Faq

SHOOTING STAR challenge とは?

日本の民間宇宙企業である株式会社ALEが、国やJAXA、大学、企業の協力を得て開発を進めている「人工流れ星」の挑戦を応援するプロジェクトです。人工流れ星が流れることを前提とした企画ではなく、人工流れ星を流すための挑戦のプロセスを2017年から盛り上げていく企画で、施策実施時には、協賛社名の露出やプロモーション、事業化の権利を付与する等の協賛を企画しています。2018年末から2019年初春に人工衛星の打ち上げ、2019年初夏に広島・瀬戸内地域にて初回チャレンジ予定です。

今回のプロジェクトに関係する法規制はどんなものがあるのか?

以下の法規制があり、その管理下にて法規制を遵守して進めています。

※宇宙関連の法律のみ記載

  • ・宇宙条約(国際的な宇宙法の基礎となった条約)
  • ・宇宙損害責任条約(第三者の宇宙物体に対して損害を与えた場合の損害賠償責任に関する国際的な条約)
  • ・宇宙活動法(2016年11月制定。人工衛星の管理に係る許可制度。宇宙開発への民間企業の参入を促進するために、人工衛星の打ち上げを許可制にするとともに、打ち上げ失敗による損害賠償保険への加入の義務付けや保険を上回る損害に対する政府の補償などを定めたもの)
  • ・スペースデブリ低減ガイドライン(軌道上の物体を必要以上に増やさないため人工衛星からの物体の放出は必要最低限に止めるように求める国際的な規制)
  • ・航空法(飛行に影響を及ぼすおそれのある行為の規制)

ALEの人工衛星は最終的に安全に、環境面に悪影響を及ぼさず処理されるのか?

ALEの小型人工衛星は、打ち上げ後、微弱な空気抵抗により約2〜4年程度(打ち上げた軌道の高さで増減あり)で大気圏に突入し、燃え尽きます。尚、ALEの小型人工衛星は大気圏突入により燃え尽きる材料でつくられています。

流星源が地上で人や家屋に損害を与えないか?

ALEの流星源(直径約1センチの特殊金属球)は大気圏突入により燃え尽きる材料でつくられています。

流星源は他の人工衛星と衝突しないか?

ALEの流星源は、ロケット等と同じように他の人工衛星と衝突しない軌道を選んで放出されます。国際的に定められている有人宇宙システムとの衝突確率要求は10⁻⁵乗以下ですが、ALEの流星源は有人宇宙システムに対して10⁻¹⁵乗以下、人工衛星に対しては10⁻⁹乗以下と極めて低い確率となる軌道を選定し、安全にミッションを実現します。

流星源は旅客機にぶつからないか?

流星が発生する高度は60~85kmであり、航空機(最高高度12km)の飛行に影響は及ぼしません。

本当に世界初なのか?

人工的に流れ星を作り出す検討は過去にもされていますが、私たちは人工衛星を利用して人工流れ星の流星源を放出し、人工流れ星をエンターテイメント・基礎科学研究双方に利用する世界で初めてのプロジェクトです。